自律神経を働かせるには日光が必要

日焼けのイメージって聞くと…「皮膚ガンになる、シミ、そばかすが増える」など、マイナスな回答がほとんどでしょう。

しかし、日焼けすることでのメリットが実はあったのです。

まずは、基本となる生活リズムの改善、体内時計の調整です。
朝目が覚めてからしっかり日光を浴び、外に出ることで交感神経が覚醒されます。

重要なのは日光を浴びることです。
脳の中で、セロトニン(幸せホルモンとも言われています)が自律神経に働きかけをし、夜更かしや時差ボケなどのズレてしまった体内時計を直してくれます。
特に不眠症の人にも効果的です。

次にストレスの解消・発散にもなります。
実は太陽の日差しには、交感神経と副交感神経のリズムを整える効果があります。

紫外線を浴びることで、気分を安定させるセロトニンが分泌されます。
このセロトニンには、平常心を維持させ、うつ病になりにくくする効果があります。
逆に言うと、うつ病の人には不足しがちな神経伝達物質のひとつです。

セロトニンには、大脳を覚醒させて集中力を高めたり、感情に関する情報を管理し整える働きをもっています。
朝の散歩、ジョギングなどのリズムのある運動も効果的です。

そして、うつ病の治療や予防、日ごろの気分転換やストレス解消にも有効と言われています。

人間は、紫外線を浴びることでビタミンDを体内で作ります。
この紫外線には免疫機能を強化したり、骨を丈夫にする作用もあります。

このビタミンDがあることで、皮膚の新しい肌細胞を成長させ肌の回復や肌荒れの改善、くすみの解消などにも効果があります。

そのほかにも、体の免疫調整の機能やカルシウムの吸収を高めて骨の新陳代謝を活性化し骨粗しょう症を予防する作用もあるのです。

紫外線が強くない時期は日焼け対策しながらお散歩を!

世間では、紫外線を浴びることが体に良くないといわれていますが、逆に全く浴びないというと大事な免疫力が低下してしまうのです。

そして最後の日焼けのメリットに、見た目のカッコよさです!
男女問わず、きれいな小麦色の肌のひとは、元気そうで健康的な印象です。

スポーツ万能に見えたり、枝洗った時の白い歯が爽やかに見えるなど…。
信頼感も得られやすく、日焼けによる外見の効果があるようです。

みなさんも、たまには朝目が覚めたらまずは日光浴をし、適度な日焼けをしながら健康な体つくりを意識してみるのはいかがでしょうか。

参考:プール ウォータープルーフ 日焼け止め

関連記事


    紫外線が一番強い時間は、午前10時~午後2時の間です。 学校の授業とかはこの時間帯で 体育の授業やプールの授業があるので日焼け対策を十分にしておきましょう。 学校で日焼け止めクリームをつかってはいけ…


    肌の潤い効果のある成分は2つの種類があって、水分を挟み込み、 その状態を保つことで乾燥しないようにする機能を持つものと、 肌のバリア機能を高め、 刺激から守る働きが見られるものがあると聞いています。…