太陽光発電を導入する時に太陽光パネルを屋根に設置するのが主流でしたが、最近では庭に設置する家庭が増えてきています。
屋根に設置する事が出来ないと理由で庭に設置する家庭もあるようですが、実際に太陽光パネルを庭に設置するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・容量を大きくする事が出来る屋根は太陽の日差しを浴びやすいメリットがありますが、面積が小さいので容量も少なくなってしまいます。
それにより発電量も少なくなってしまいますが、庭は屋根に比べて面積が広いので容量を大きくする事が出来ます。
それにより発電量も多くなるので容量を大きくする事が出来るのがメリットになります。

・雨や風の影響を受けた時に故障しにくい
太陽光パネルを屋根に設置していると雨の影響を受けた時に水浸しになってしまう事があります。
また風の影響を受けた時に太陽光パネルが落下して故障してしまう事もあります。
しかし太陽光パネルを庭に設置しておけば雨や風の影響を受けてもしっかり対応する事が出来るので故障しにくくなります。
太陽光パネルを庭に設置するとこのようにメリットになる点があります。
面積が広くて太陽の日差しも浴びやすい場合は庭に太陽光パネルを設置する事を検討してみましょう。

太陽光発電を導入する時に太陽光パネルを庭に設置するメリットについて詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
太陽光発電 庭 設置

関連記事


    太陽光発電に関心がある人の多くは太陽光発電のQ&Aをたくさん見たいと思っている人が多いです。 それはどうしてかというと、太陽光発電自体は漠然と電気代が安くなるという意識があるので関心があるけ…


    オール電化の家にしたなら、太陽光発電はすごくオススメです。 しかも、雪が降らない地方にお住みの方にはぜひ設置して欲しいくらいです。 今は色々なメーカーが太陽光発電システムを作っており、お手頃な価格で…