「室温が高い」「冷えていて使用感が良い」などの理由から、冷蔵庫で化粧水を冷やすという人もいます。
しかし、実は、化粧品の品質を考えると、この「冷蔵庫での保管」は、それほどおすすめ出来る方法ではないことを御存知でしょうか。
こちらにも記載してあります⇒化粧水 冷蔵庫
低温の冷蔵庫から常温の室内に取り出して使用し、また低温の冷蔵庫に戻す。
これを繰り返すと、その温度差から、「化粧水が劣化しやすい」と言われています。
確かに、夏場などの暑い時期は、少しでも冷たいもので涼しさを感じたいものです。
また、冷蔵庫で冷やした化粧水は肌を引き締めてくれそうな気もします。
しかし、そのために品質が変わってしまうのは困りものです。一般的に、説明書きを見ると、化粧水や乳液などの化粧品は、「風通しの良い冷暗所で保存」と記載されているものがほとんどです。
化粧品を保存する場合は、それらの説明書き通り、・直射日光を避ける・涼しく、風通しの良い場所に置くといった保管をすることをお勧めします。
冷感を楽しみたい場合は、冷感効果のある化粧水を使うのも有効です。もちろん「冷蔵庫保管OK」となっている商品については、上記の限りではありません。
但し書きを守り、安定した品質の化粧水を使うのが、お肌のためには安心です。

関連記事


    毎日忙しくて時間がないから…と化粧水の付け方を手抜きしていませんか? 例えば、とりあえず顔が濡れればいいからと1回しか付けていない、脂っぽいから化粧水は少なくてイイなどの理由で手を抜いていると、後々…


    私逹女性が日々使っている馴染みの深い基礎化粧品として、乳液があります。 これは、肌の乾燥やザラつきを抑えるだけでなく、肌細胞を一定の形に保つ役目も果たしているので、非常に重要な化粧品と言えるでしょう…


    ネットでスキンケア用品を探すとトライアルセットというものをよく見かけます。 トライアルセットというのはお試し商品のようなものです。 スキンケア用品のトライアルセットは少量ですが価格も安いのでお試し気…


    冬の乾燥、夏の内側乾燥と1年を通して保湿は重要ですよね。 特に夏場になれば一見お肌は潤ってるように感じますが実は内側の乾燥(インナードライ)は進んでいたりするんです(´;ω;`) でも暑いのにこれ以…


    みなが同じように基礎化粧品にお金をかけられるなら好き勝手に使いたいのはわかりきっているのでした。   好き勝手に使えるまでに財力があるわけでもなかったら限られた中でオールインワンゲルを悩ん…