お正月に思い出す母の味

私は母親を10年以上前に亡くしているのですが、ふと母親が作ったお正月料理のことを思い出してみると、母親が作ってくれたお正月料理はどんなものだったのか、そしてどんな味がしたのか忘れてしまっていることに気が付きました。
私の母親は自然食が好きで、あまり添加物が入っている食べ物は食べないようにしていました。なので母親は私に作ってくれる料理も、自然な味付けの料理が多かったです。

白砂糖の代わりに黒砂糖を使ったり、カレーやホワイトシチューを作る時は市販のルーを使わずに作ってくれたり、ジュースも紫蘇ジュースや梅ジュースといった添加物が入っていないジュースを作ってくれました。

母親の味をもう一度

その他にも手作りで肉まんやあんまんやピザまん、そしてシュークリームやケーキや寒天ゼリーなど色々な料理を作ってくれました。
母親が日常的に作ってくれた料理のことは覚えているのですが、何故か母親が作ってくれたお正月料理の品々やお正月料理の味を全然思い出すことが出来ません。

多分母親が生きていた頃は、毎年のように祖母や祖父の家に行って親戚の方々と一緒に年越しをしていたから、母親の年越し料理は食べたことが一度も無かったんだと思います。

本当に母親には一度もお正月料理を作って貰うことが出来なかったんだと思います。
そう思うと何か勿体ないことをしたような感じがしてきます。
お雑煮は作って貰ったことがあるような気がしますが、もう忘れてしまいました。母親が作ったお煮染めや筑前煮の味を味わってみたかったです。

詳しくは以下をご確認ください。
↓ ↓ ↓
かに本舗 楽天

関連記事