老人ホームとは、その名のとおり高齢者が暮らすための住宅ですが、実は一口に老人ホームといっても、いくつかの種類があります。

こちらのサイトに詳しく紹介されています。→老人ホーム 種類

たとえば、よく耳にするところでは、特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホームです。

特養は、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設で、介護老人福祉施設とも呼ばれています。

低料金で利用できますが、民間のホームと違って相部屋になることが多く、サービス面でも十分とはいえない面もあります。

特養は誰でもすぐに入居できるわけではなく、入居対象は65歳以上で要介護1~5の認定を受けていて、常に介護が必要で、自宅介護が困難な人とされています。

具体的には、寝たきりや認知症など比較的重度のケースや緊急性の高いケースが優先されます。

現状、入居待機者数は全国で約40万人とも言われており、入居までに早くて数ヶ月、長ければ10年近くかかることもあるようです。

一方、有料老人ホームは、主に民間の企業によって運営されています。

介護付・住宅型・健康型の3つのタイプがあり、もちろんホームによって異なりますが、入居対象は概ね65歳以上で、健康型以外では自立、要支援、要介護まで幅広く対応しています。

また、日常生活を快適に過ごせるように、原則的に個室でプライバシーが守られており、各種サービスにも配慮がなされています。

入居に関しては、空室があればすぐに可能で、最近では入居金が不要だったり月額利用料が安価だったり、あるいは医療ケアが充実している施設など、様々なニーズに対応しているところも増えつつあります。

関連記事

    None Found